雇用問題

6月末の政府調査によると、完全失業率が4%を下回りはしたものの、以前労働環境の厳しさを浮き彫りにしている。
7月現在の有効求人倍率は1.10倍と持ち直し手はいるもが、地方では雇用の厳しさを表している。
また内閣府の調査によれば、就職せずまた就学もしていないニートと呼ばれる若者の層は増加傾向にあり、多くが20歳から34歳までの働き盛りの年代である。
この状況を改善するために、政府の雇用創出対策を求める声も多く、2009年6月にはふるさと雇用再生特別交付金と雇用創出事業の拡充などが厚生労働省より発表された。
ニートの増加の一方、フリーターの数は減少傾向にあり、若年層の正規社員雇用の環境は改善しているのではないかと言われています。
こういった雇用創出や雇用問題の対策として、ドイツで行われている対策が注目されています。
エコエネルギー関連事業が社会的に軌道にのったため、この分野での雇用が増えてきたためです。環境政策と経済の活性化をうまく融合させて成功しているようです。

日本でも、政府が太陽光発電に注目しているようで、環境事業の発展が雇用創出や労働力問題の鍵となりそうです。

住宅ローンを払わないとどうなる?

http://www.pmangatram.biz/

 

PAGETOP