雇用問題と教育

現在の雇用環境は厳しく、若い人でもなかなか職を得ることができません。そのため、子供の自由にさせるのではなく将来をきちんと考えさせ進路などを決定してあげなくてはならないでしょう。

お子さんの方向性などを十分考慮し、話し合い高校入学、卒業後の大学進学、そして就職まで見据えた進路を一緒に考えていかないといけません。子供は子供の社会の中で育っており、社会がどのようなものかよくわかっていません。

社会に出れば経験しなくてはいけないことがたくさんあり、そのためそのショックで就職しても長く続かない、定職に就けないといった子供たちがおおいのも現実です。そのために、普段から親が自分の進路を決定付けたことや、自分の仕事について、また苦労すること、社会の厳しさなどを教えておいてあげたほうが良いでしょう。

雇用されるだけでなく、最近では起業したりする道も開けています。安易な道を選択しないよう、事前にしっかり話し合ったり、普段から進路や就職について話をしたりすることが厳しい雇用環境を乗り越える一歩だといえると思います

PAGETOP