雇用問題とフリーター

昨今の雇用事情では、フリーターやニートの増加が問題となっています。フリーターとはフリーアルバイターのことで、おおよそ15歳から34歳くらいまでで就学しておらず、正社員以外で雇用されていて生計を立てている人たちのことを言います。

一般的に雇用される際には、アルバイトやパートだけでの職歴は認められにくいため、フリーターになってしまうと正規雇用されにくくなり、さらに正規職員への雇用が遠のいていくという悪循環に陥ってしまいます。実際には働きたくても働けない求職型のニートの方も多く、厳しい雇用情勢を映し出しています。

またこういったフリーターやニートの生活は不安定で結婚や出生率の低下を招く一因となっています。こういった人たちにも雇用の機会を与えるべく、職業訓練や紹介予定派遣といった雇用機会を広げる動きも出てきました。

PAGETOP