雇用を守る方法

現在の厳しい労働環境では、いつ自分の職を失うか不安になるのではないでしょうか。何があってもおかしくないような中で、自分を守る方法も多少走っておく必要があるかもしれません。何か理由があって長期休暇をとらざるを得ない場合にも解雇できない期間というものがあります。

産前産後休暇や、業務上怪我や病気になって休業している期間などです。

出産するので休暇をとったら解雇された、業務上の怪我で入院中に解雇されたといったことがないように最近では、派遣労働者や契約社員向けの労働組合組織もあり、自分の代わりに会社と交渉してくれます。労働組合は、最近では敬遠されているようですが実は労働者にとっては自分たちの権利を守る大切な組合であり、経営側と交渉できる唯一の手段ともいえます。

労働組合は原則誰でも作ることができますし、会社にあれば入ることができますが正規社員でない場合などは、全国的な労働組合が支援組織としてありますのでそういったものをりようするのもよいでしょう。

PAGETOP