解雇関連の問題

最近の不況や就職難の環境のせいか、2008年度は内定取り消しの話題が注目されました。採用活動を始めた当時より、経営環境が悪化し採用人事の見直しをする企業がおいた目と言われています。
直接解雇と関連のある問題ではありませんが、内定取り消しは個人の人生を左右する大問題です。

就職さきを再度探さなくてはならなくなり、精神的にも肉体的にも学生にとって負担が重くのしかかります。大学側もそれに備えてサポートなどをしているようです。

実際就業していた場合に突然解雇されるということはありませんが、経営悪化や労働者が労働義務を果たせないと認められた場合には解雇できるといわれています。突然呼び出されて会社を退職させられるということはありませんが、そんなときには弁護士や司法書士に相談してみましょう

PAGETOP