合法的な解雇とは

解雇は労働者にとって不利なものですから、要件が厳しく決められています。解雇予告を行ったり、就業規則の解雇事由に該当するなどしていない限り、雇用者が一方的に解雇をすることはできません。

もし、自分が突然解雇を言い渡されてそれが合理的なものかどうか判断できない場合には、近くの相談窓口や法律の専門家などに相談されるとよいでしょう。雇用主側でも、自分たちの行為について十分知識や認識がないときがあり、泣き寝入りしてみたものの実は違法な解雇だったということも十分ありえます。

雇用主には解雇権がありますが、それは自由に使えるようなものではありません。納得できない場合、また詳細が不明な場合には必ず専門家に相談しましょう。

また、会社都合退職は失業手当がすぐに支給されますが、新たな就職先を探す場合には不利な用件として捉えられる場合がありますので、注意が必要です。

PAGETOP