不当な解雇と労働問題

雇用主が、労働者の立場の弱さや知識のなさを利用して、即日解雇などを行う不当な事例が後とをたちません。もし、自分が不当に解雇されそうになっている場合には、業務記録などを正確に残しておくことが大切です。

また、脅迫めいたことを言われたりして自主的に退職したように見せかけるなど悪質なケースもあとを絶たず、困ったときには一人で悩まずに相談窓口や専門家に必ず相談して下さい。

たとえば今日解雇を言い渡されて、即解雇はできないことになっています。原則30日以上前の解雇予告が必要です。

もし、解雇予告なしにすぐに解雇する場合には、30日以上分の賃金を支払わなくてはなりません。もし解雇通告を受けた場合には、未練を残さずさっさと必要な手続きをとってあたらな人生を踏み出しましょう。

PAGETOP